医薬品等の個人輸入代行とは

本来医薬品等を営業(販売)目的として外国から輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。但し、一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、特例的に税関の確認を受けたうえで輸入することができます。

当社はこの個人輸入として認められている範囲内において、お客様個人が直接外国から輸入する手続き、支払などを代行する専門会社です。

つまり当社は医薬品等を外国から仕入れて在庫し販売する「輸入販売業者」ではありません。あくまでも個人輸入を希望されるお客様個人の「輸入代行」を行う会社ですので、ご希望の製品は当社を経由せず直接外国からお客様個人のご自宅に郵送されます。

尚、当社は日本国内における「禁止医薬品」は一切取扱いしておりません。当社が発注する外国(主に米国)の製薬会社は、厚生労働省等の禁止医薬品通達の情報を共有しておりますので、取扱商品には法令違反的な取扱商品はございません。また過去において、所轄官庁の指導及びトラブルは無くありません。ご安心下さい。

個人輸入を行う上での注意

日本で許可されていない医薬品についても個人で使用する限りにおいては輸入が認められています。ただし、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

輸入できる数量には制限があります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html

また当サイト内に記載している製品の情報(製品の画像や用法・用量など)は過去の取扱に基づく参考情報として記載しております。従って、製品パッケージの変更や製品に記載されている用法・用量と異なる場合がございますので、必ずお手元に届いた製品を良く確認の上、記載された用法・用量、注意事項に従いお使い頂きますようお願いいたします。

当店では安全上問題のある商品を取り扱わないようにしておりますが、副作用の可能性を否定できないため、ご使用前に薬剤師や医師にご相談されることをお勧めいたします。

個人輸入代行で取扱う商品はクーリングオフの対象ではありません。

個人輸入代行は自己責任にてお申込みください。当社では個人輸入代行業務以外の責任は負いかねますので予めご了承下さい。